よくあるビギナーサーファー・ビジターサーファーの特徴

サーフィン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

よくあるビギナーサーファー・ビジターサーファーの特徴

わざわざ人がやっているところに向かってパドルアウトしてくる

「海が怖い」「一人が不安」なので、人がサーフィンをしている所をめがけて、真正面からパドルアウトしてくる。

元々入って居たサーファーからすれば、非常に邪魔です。

海は広いのだから、邪魔にならないところで練習しませんか。

ポジショニングがおかしい

上記の様な人たちに共通するのは「距離感が変」です。

わざわざ「波を取り合いしないといけないくらい近く」で波待ちをします。

鬱陶しいので離れても、一人でサーフィンするのが心細いのか、近くに寄って来て粘着してきます。

周りの迷惑を考えませんか。

ポジショニングが厚かましい

サーフィンにはローカリズムというものがあります。

また、初心者は上級者の邪魔にならないところで練習しないといけない。

こういったルール・マナーについては、サーフィンというスポーツには独特の世界観がある訳ですが、恐らく万国共通のものかと思います。

そうしたルール・マナーや空気を読めない一部のビギナーサーファー・ビジターサーファーは、ド厚かましく地元サーファーや上級者と同じポジションで、最高のセットを取り合いしようとします。

非常に邪魔です。

立場をわきまえませんか。

自分のレベルにあったポイントで練習しましょう

自分と同じような、初心者レベルのサーファーや、ビジターサーファーが多く集まる様な、ポピュラーで安全なポイントで、安心して安全にサーフィンの練習をしましょう。

やめておいて欲しいですが、やむなく、地元サーファーや上級者が沢山居る様なポイントにお邪魔する場合には、邪魔をしない様なポジションを選んで練習しましょう。

空気を読みましょう。

立場をわきまえましょう。

あなたの存在がポイントの空気を乱します。

タイトルとURLをコピーしました