介護施設のバイタルチェックについて(血圧・体温測定)

仕事
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

人の嫌がることをするのは大変です・・・

介護施設の入居者さんの中には「血圧測定」や「体温測定」を嫌がる方がおられて、抵抗されたり、暴れたり、叫んだり、大変なことが結構あります。

する側も、される側も、お互いにできれば避けたいことだと思います。

だけど、こういった健康管理はやはり絶対に行わないといけない訳で。

なので、極端に嫌がって測定が困難な方には、簡単に測定できる機器を導入して欲しいと思うんですよね。

する側も、される側も、お互いが楽だし嫌な気持ちを少しでも緩和できると思うのです。

手首型血圧計

血圧計については、一般的な二の腕に巻く物ではなく、こういった手首式の血圧計を導入すれば、測定を嫌がられることも少なくなると思うんですよね。

金額も5000円前後と大きな支出ではないですしね。

オムロン 血圧計 手首式 HEM-6161

非接触型体温計

体温計については「非接触型」なるものが最近はある様ですね。

これも6000円程度の支出で導入できます。

dretec(ドリテック) 非接触赤外線体温計 TO-400WT(ホワイト)

スポンサーリンク

その他にも、入居者さんの嫌がることはしない方向にしたい

基本的に嫌がることはしたくないと私は思うのです。

髭剃り

髭剃りなんて、若い健常者の様にツルツルに剃らなくても良いと思いませんか。

「痛い」とか「もういいやろ」と訴えておられる方の手を押さえつけて、無理やりキレイに剃らなくてもいいと思うんですよね。

飲食などの強要

お食事や水分についても「もう要らん」と言っておられる方に、無理やり食べさせたり飲ませたりすることは必要なのでしょうか?

私たちだって「もう要らない」と思っているのに、無理やり食べさせられたり飲まされたりなんて、「何でこんなことをされないといけないのか」って思いますよね。

まして入居者さんはお金を払って入居して頂いている訳です。

ご本人の嫌がることはやめませんか。

それによって体力が落ちてきたり、元気がなくなってあの世に召されても、それはご本人の望んだことであり、自然なことだと思うのです。

あなたは嫌なことを強要されてまで長生きしたいですか?

介護施設を運営される方、そこで働く方、入居者さんのご家族の方、皆で考えて頂きたいと思います。

安らかで、穏やかな生活が送れると良いですね。

そして、介護者も嫌がられることを少しでもしなくて良いというのは、ストレスを溜めない・疲れないと思うんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました