はじめまして。

お知らせ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

まずは私の簡単なプロフィールなど

1972年に日本の都会に生まれ、長年ずっと海のない都会で暮らしていました。

20歳でサーフィンと出会い、現在は海の近くで田舎暮らしをしています。

人それぞれ、都会な好きな方もおられるかと思いますが、私は海の近くの静かな田舎が大好きです。

ただ、仕事はあまりありませんし、あっても給料はとても安いです。

田舎に移り住んだ当初はフリーランスでホームページの制作をしながら生計を建てていました。

今は老人ホームで働いています。

「介護」という職業に就くということは、自分としては全く想像していませんでした。

正直、できれば「就きたくない仕事」というイメージがありました。

なぜ介護職についたのか?

中年のオヤジが、この田舎で就職をしようとした時に、まずまともな仕事がありませんでした。

契約社員・派遣社員・アルバイトという雇用形態のうえ、給料も非常に安いです。

そんなこんなで途方に暮れている時に、近所の介護施設の施設長さんから「うちで働きませんか?」と声をかけて頂きました。

介護施設であれば、平日に休めたり(海がすいている)、早番・遅番・夜勤などのシフトがあり、サーフィンできる時間を多く作ることが可能なのが魅力でした。

その上、何年間か実務経験を積むと、介護福祉士やケアマネージャーといった資格取得を目指せて、自分自身がこの先歳を重ねても、安定した生活基盤を作っていけるという魅力を感じました。

自己紹介はとりあえずここまで。

タイトルとURLをコピーしました